【広報活動】木村太輔が中国大連市でPR活動

094

11月下旬、三泊四日の日程で木村太輔が中国・大連市
を訪れ1.14アライヴ江東区大会のPR活動と自身の念願でもある「大連アライヴ」の数年以内の開催を視野にいれ外交を展開した。
勝利広場、 双興商城、日航ホテル、天津街、ロシア人街などを視察。
5年ほど前から半年後に一度のペースで大連市を訪れており今後も日中友好プロレス実現に向け活動していく。以下、木村のコメント。

木村太輔
―初めて大連を訪れたのが2011年11月当時大連に居た知人の誘いでした。
それから様々な大連の魅力を知り、この大連の地でプロレスをやりたいと強く思いました。
大連いや満州でプロレスを開催する事により我々の先祖の供養及び日中関係の益々の発展!
そしてなによりプロレスを見た事がない人々が多いこの地でプロレスを見せる事が出来れば、それがなにより素晴らしい事だと思います!
まだまだクリアしなくちゃいけない事、課題もありますが、プロレス開催を現実にしたいと思います。

広告