【試合結果】6.26東京大会

プロレスリングアライヴ
ROAD TO GLORY 2016 旗揚げ7周年記念シリーズ
☆★気仙沼ALIVE!2016 in Tokyo☆★
~アライヴ対アライヴァル全面激突戦~

■平成28年6月26日 東京・板橋区立高島平区民館
■観衆/169人

▼第1試合
アライヴvsアライヴァル全面激突戦
6人タッグマッチ時間無制限1本勝負
×河原成幸&バンナウィング&はらじゅく★きっど
(19分29秒、怨霊クラッチ)
松崎和彦(流言のX)&怨霊(活殺のX)○&秀・オブ・ザ・イルミナティ

▼第2試合
アライヴvsアライヴァル全面激突戦・先鋒戦
時間無制限1本勝負
×木村太輔(10分42秒、片エビ固め)塚本拓海(恐慌のX)○
※トラースキック

▼第3試合
アライヴvsアライヴァル全面激突戦・ 中堅戦
時間無制限1本勝負
○ジョータ(14分5秒、エビ固め)藤原秀旺(謀略のX)×
※T.K.O

▼第4試合
アライヴvsアライヴァル全面激突戦・大将戦
時間無制限1本勝負
梅沢菊次郎(16分20秒、片エビ固め)不動力也(驚愕のX)○
※ラリアット

【試合寸評・リポート】
◎第一試合
オープニングマッチは、アライヴvsアライヴァルの6人タッグ。
アライヴァルの新たな刺客は謎のマスクマン、秀・オブ・ザ・イルミナティ。
怪しげな黒マスクに浴衣姿で入場し、会場をざわつかせる。続いてXとして松崎が登場。最後のXはアライヴ初登場となった怨霊。
まさかの怨霊登場に歓声が沸く。
アライヴ軍は末吉欠場のピンチヒッターとして出場した北都の河原をはじめ、バンナの立体殺法、はらじゅくの いつもは見せないシリアスファイトでアライヴァル軍を追い込んだが、最後は怨霊クラッチを河原が返せず3カウント。
試合後の怨霊、秀・オブ・ザ・イルミナティにコメントを求めたがノーコメント。謎のポーズのみを残し会場を後にした。

031

◎第三試合
アライヴvsアライヴァル シングル3番勝負 先鋒戦。
アライヴァル軍 Xは塚本。
木村vs塚本は過去にシングルマッチは無く、初シングルマッチとなった。序盤から、塚本の足を徹底的に攻めた木村。
防戦一方の塚本の姿も珍しかったが、木村が一方的に攻める展開に。塚本が足をひきずりながらも反撃を試みるもダメージが大きく木村に決定的なダメージを与えることができない。
そんな中、塚本の放ったトラースキックが木村の顔面付近をとらえる。この一撃で大きくよろめいた木村に、塚本が再びトラースキック。ガッチリ押さえると3カウント。
9割方 攻めこんだ木村だったが、塚本の伝家の宝刀2発で惜敗。
試合後、木村が塚本に歩み寄る。
マイクは無かったが、一言二言 木村が塚本に声をかけたあと、塚本の顔面を張り退場した。

030

◎セミファイナル
アライヴvsアライヴァル シングル3番勝負 中堅戦。
まずはアライヴ軍、ジョータの登場に会場が沸く。
続いてアライヴァル軍X。
会場に「汚れた英雄」が鳴り響く中、登場したのは歌手活動を理由に、欠場を宣言していた藤原秀旺だった。
過去にアライヴや頑固プロレスで幾度となく激闘を繰り広げている両者だが、シングルマッチは初。
開始直後こそ、じっくりとしたレスリングの攻防だったが、戦いの場が場外へ移動すると事態は一変する。
ラフファイトで藤原がジョータにダメージを与える。倒れこんだジョータを横目に藤原は本部席へ。
すると、例のごとく渚リングアナを捕まえると客席の中をひきずり回し リングキャンバスに叩きつける。倒れこんだ渚に「おい、大丈夫か~?」と言いながら背後からチョークスリーパー。渚リングアナは失神し、セコンドの木村に担がれ退場。
一時、リングアナ不在となり騒然となる中、会場にきていたリングアナ、ワンダーマンが急遽 村杉レフェリーにうながされ本部席へ。
戦いの場がリングへ戻ってからも、サーベルや栓抜きという昭和感漂う凶器でジョータにダメージを与え続けた藤原だったが、一瞬の隙をついたジョータが藤原にスライディングキック。
よろめいた藤原を抱えあげるとT.K.O(変形ファルコンアロー)を放つ。不意をつかれた藤原がまさかの電撃3カウントを取られた。
試合が決まっても対照的な二人。ダメージの深いジョータの目の前で藤原はスクワットをして退場した。

032

◎メインイベント
地元凱旋の梅沢に大声援が飛ぶ中、登場したアライヴァル軍最後のXはランズエンドの不動力也。
不動の登場に会場がどよめく。
以前、アライヴ岩手県花泉町大会の試合後に不動が梅沢に対し「次シングルでやってやる」という言葉が実現した形だ。
ラリアット、頭突き、エルボー、チョップといった ゴツゴツした鈍い音が会場に響き渡る中、パワー、スピードともに上回った不動が渾身のラリアットでピンフォールを奪った。
試合後、藤原が登場。アライヴァル6人全員が揃い踏みし、アライヴ軍と延々と乱闘を繰り広げた。

033

◎試合後のマイク
藤原「不動ちゃん、ありがとう~。不動ちゃん、今日ただ遊びにきただけだから。試合じゃないよこれは。
高島平に集まった皆さん、我々アライヴァル、プロレスでハッピーってのをやってます。みんなハッピーなりたいだろ?
俺の周りはピエロばかり×3。俺にコミック雑誌なんていらない。そして高島平にお集まりのみなさん!全員!死ね!」

ジョータ「あいつらのやり方は好きじゃない!あの6人を俺たちで必ず潰します!次、絶対勝つ!」

はらじゅく「汚い手ばっか、使いやがって!おい、藤原秀旺!聞いてるか?どこでもいいよ、どこでもいいから次、はらじゅく★きっどvs塚本拓海を組め!」

本日の大会をもって、アライヴァル軍は藤原、松崎、塚本、怨霊、イルミナティ、不動の6人となった。
ますます手強くなったアライヴァル軍だが、ジョータをはじめとし、雪辱を果たす事をファンに約束し、高島平大会は幕を閉じた。

◎試合後控室でのコメント

藤原「6人でこれからね、やってくから。このように、それなりのメンバーが集まってくるんだよ。それと、梅沢。あんな養豚場が豚の盆踊り、もうやめろって。次ポアするしかないな。」

尚、梅沢はダメージが深くノーコメント。

広告

【いよいよ明日開催】高島平大会販売のグッズ情報

029
 
 
■プロレスリングアライヴ・グッズ
アライヴDVDシリーズ各2,000円
アライヴ缶バッチ3種類200円
アライヴ×たかうじ君
コラボTシャツ 2,500円
アライヴラミネート各200円
梅沢菊次郎缶バッジ500円
梅沢菊次郎ステッカー大 300円
梅沢菊次郎 ステッカー小200円
ジョータTシャツ3000円
 
■復興!気仙沼グッズ
ホヤぼーやタオル 1,100円
ホヤぼーやハンカチ 500円
ホヤぼーやルービックキューブ1,300円
ホヤぼーやヘアゴム300円
ホヤぼーやボールペン150円
ホヤぼーやシャープ150円
ホヤぼーやシール200円
ホヤぼーやポストカード400円
ホヤぼーやピンバッチ 500円 ホヤぼーやフカコラ茶 800円
大漁旗柄がま口 1,200円
浮き玉ストラップ 650円
大漁旗柄コースター(バラ) 250円(5枚セット)1000円
りるねこ缶バッチ(大)(中) 250円(2個) 350円
フカヒレスープ(広東)(四川) 300円
 
■アライヴァルグッズ
陰謀パーカー(M・L・XL)
6000円※予約、後日発送。
陰謀Tシャツ〈黒・白〉
(M・L・XL)3000円
陰謀トートバック1500円
マイクロファイバークロス500円
 
■その他
PopLip・山内志織グッズも販売いたします。
 
 
 
※前売り予約引き換えと当日券販売は、会場窓口にて11時00より開始いたします。
予約済みのお客様は窓口にて席種・お名前・予約した選手等をおつげください。
 
チケット/【当日入場券】
◎最前列全自由(48枚限定) 4500円※若干数あり
◎2列目以降全自由 3500円
◎中高生全自由 1500円
◎小学生以下は保護者同伴により無料。

【リングアナウンサー渚大士のカタカナ団体のblog】~高島平激突編~

028

お久しぶりです!

 
さあ、いよいよ押し迫ってまいりましたアライヴ東京決戦!板橋区高島平区民館大会まで、あと4日しかないよ!!
 
こんな晴れ舞台の日が迫ってるというのに私は風邪をひいてしまい、のどが…(´Д`)
 
とりあえず明日治ってなかったら点滴でも打って挑みますよ!
 
試合当日26日は都内でも、かなりの数の団体さんが試合あるみたいですね。
 
そんな中でも、アライヴを選んで来てくれるというあなた!正解です。必ずや凄いものをお見せします!
 
そして、どの団体を見に行こうか まだ迷ってるあなた!
 
あれっすよ、他の団体は いつでも見れる あれですから 笑
 
アライヴは基本 東北でしか開催しませんから、今回の高島平、本当に希少価値です!
 
お待ちしております!
 
結局、アライヴァルは最後の最後までメンバー表を提出しませんでした。
 
全部で6人。
藤原、松崎、塚本の3人は来るとして、あと3人…誰なんだよ!?
 
それとも あれっすか?
一人2試合でダブルヘッダーか?
 
そんな どこかのね、1日何試合出るんだよ的なローカルな団体のアレとは違うだろうから、新メンバー?いいですよアライヴは逃げも隠れもしない。
 
私、そして観客、選手、フロント、全員が驚くような選手を責任もって連れてきてください。
 
そして、道に迷ってるとしか思えない藤原秀旺へ。
 
いい加減、戻ってきてくださいよ。
楽しかったあの頃に戻りましょうよ。
 
岩手出身は自分と あなたしかいないんだよ。
 
あなたがいなけりゃアライヴは東北で やる意味が無い。
 
26日、もし来るのであって、もし あなたが負けるような事があれば、素直に こっちに戻ってこい、と条件をつけたい。
 
勝ったなら、もう何も言いません これからも好き勝手やればいい。
 
ここも見てるだろうから宣言します。
 
当日は命懸けでも彼を説得します。
 
 
 
来場される方は、楽しいプロレスを見たいかもしれないけど、当日は全試合、アライヴvsアライヴァルの全面戦争です。
 
楽しいプロレスは2部の北都プロレスさんに お任せするとして、こちらは殺伐とした中にも人間臭い本当の戦いを ご覧ください。
 
当日、会場で皆様に お会いできるのを楽しみにしております!

【大会情報&コメント】アライヴ東京大会 対戦カード決定

先日のアライヴァル軍の藤原秀旺、松崎和彦の会見を受け、アライヴの渚 大士(なぎさ だいし)リングアナが1日、岩手県一関市内某所において緊急会見を行った。

027

渚リングアナ
―さて、6月26日の高島平大会まで1ヶ月をきりました。
先日アライヴァルの藤原、松崎の会見を受けまして、団体内で協議いたしました結果、彼らが主張した6人タッグマッチを、正式に決定とさせていただきます。
こちら側も、アライヴァルに対してシングル3番勝負を要求し、それを向こうが飲んだので、彼らの要求する6人タッグ、アライヴとしましても正々堂々受けましょう。
松崎選手が新メンバーの投入を予告していましたが、もうどうせならね、お客さんも選手も我々フロントも驚愕するような選手を責任持って連れてきてください。アライヴは絶対に負けません。
 
そして藤原秀旺。
出場をほのめかしたり、欠場すると言ってみたり。なにか彼の中に迷いがあるのだと思います。彼と私は同じ岩手県民です。あの東日本大震災発生直後、二人で沿岸部を駆け回りました。今彼はアライヴァルとして我々と別の道を歩んでいます。自問自答しながら活動しているんじゃないか?と。無理してヒールを演じるなよ、と。もう一度 一緒になって岩手を盛り上げていこうよ、とメッセージを送りたいです。震災直後、彼の必死な活動を見てきたし、彼に助けられた部分もあります。もう、いい加減戻ってこいよ、と。今までの事は水に流すから、また二人で活動しよう、と言いたいです。
以下、高島平大会の全対戦カードです。
 
 
▼第1試合
アライヴvsアライヴァル全面激突戦
6人タッグマッチ時間無制限1本勝負
河原成幸&バンナウィング&はらじゅく★きっど
vs
流言のX(当日発表)&活殺のX(当日発表)&秀・オブ・ザ・イルミナティ
 
▼第2試合
Poplip・山内志織スーパーライブin高島平
時間無制限1本勝負
 
▼第3試合
アライヴvsアライヴァル全面激突戦・先鋒戦
時間無制限1本勝負
木村太輔vs恐慌のX(当日発表)
 
▼第4試合
アライヴvsアライヴァル全面激突戦・ 中堅戦
時間無制限1本勝負
ジョータvs謀略のX(当日発表)
 
▼第5試合
アライヴvsアライヴァル全面激突戦・大将戦
時間無制限1本勝負
梅沢菊次郎vs驚愕のX(当日発表)